OUR BUSINESS

サステナブルエネルギーが生まれるまで

01

サステナブルエネルギーが生まれるまで

GPSSは、サステナブルエネルギーを生み出す発電所の開発、設計、建設などのエンジニアリング、および投資事業を行います。

FOR SUSTAINABLE SOCIETY =

サステナブルな社会の実現のために

img
太陽、風、水…、地球に存在する資源の形は様々
img
自然にダメージを与えることなく、地域にある
これらの資源をエネルギーへ
img
まず、地域コミュニティの方々との協業から計画をスタート
img
ともに手を携えてサステナブルエネルギーの発電所を開発
img
事業を通じて、ひとつひとつの地域コミュニティが
よりサステナブルになることを後押し
02

5つのサステナブルエネルギー事業

日々変動する需要量のなかで、安定的にサステナブルなエネルギーを供給するには、各エネルギー源の特性を踏まえた組み合わせ(エネルギーミックス)が不可欠です。太陽が沈むとソーラーパネルの発電量が落ちるように、自然のゆらぎによって電力の供給量が影響を受けるからです。GPSSは、誰もがいつも安心してサステナブルな暮らしが営める社会を実現するため、サステナブル持続可能な5つの電源を幅広くミックスした事業展開を行っています。

太陽光

発電量が天候に左右される太陽光発電は、一般的な設備利用率が約13%と低い変動電源です。そのため、GPSSでは発電容量と発電効率の最適化を追求。また、世界の最適な設計・施工技術を導入し、発電コストを極小化した太陽光発電所の建設と運用を行っています。

img

風力

日本は風向きが一定でなく風力による発電は難しいものとされています。発電コストの低減や地域コミュニティとの信頼構築も課題です。GPSSは、欧州大手と購買、エンジニアリングや監視含む保守メンテナンスで協業し、強みである開発とファイナンスを組み合わせた体制で臨んでいます。

img

中小水力

古くから電源として利用されてきた水力ですが、規模が小さくなると、採算面で事業化が難しく未開発の資源が数多くあります。GPSSは、自社でEPC(設計・調達・建設)を行い、より効率的かつ低コストで発電所を建設することができるため、これまで事業化が難しかった案件も実現可能です。

img

地熱

24時間365日稼働し、原発同様に設備利用率の高い、ベースロード電源です。一方、発電のためには高温の地熱資源の確保が求められるため、調査・開発両チームが連動し、資源開発の効率を高めています。また、地域と共同で事業化を行い長期的な維持が可能な独自の事業モデルを全国で行っています。

img

バイオガス + WTP

地域ごとに存在する、さまざまな資源となりうる有機物(WTP:Waste-to-power)をエネルギー源とした発電です。これまでゴミとして処理されてきた有機廃棄物をエネルギー資源として利活用できる形に変換し、地域と一体となって長期に渡る資源循環を生み出すことを目指します。

img
03

開発実績

img

建設済実績の詳細

*2020年6月時点のデータです。
また、2022年時点で完工予定の発電所を含みます。

北海道
63MW
東北
41MW
関東
39MW
中部
15MW
近畿
7MW
中国
6MW
四国
10MW
九州・沖縄
27MW
  • 開発中500MW
  • 建設済208MW
  • 自社保有138MW

Global Impact

地球に与えるポジティブな影響

2018 2019 Growth
年間売電量 17,700MWh 35,400MWh +100%
年間発電量 20,000MWh 40,000MWh +100%
年間CO2 10,250t 20,500t +100%
  • img

    -20,500t

    CO2削減効果(2018年から)。
    年間車6,000台を走行停止することに相当する。

  • img

    +60,000MWh

    発電量実績(2018年から)。
    年間13,600世帯分の消費電力に相当する。