PDFをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。
プレスリリース_冷却システムの変革を目指して空冷式冷却塔の提供を開始 株式会社地熱開発がLU-VE Groupと販売代理店契約を締結

関係者各位
プレスリリース

2020年6月24日
株式会社地熱開発

冷却システムの変革を目指して空冷式冷却塔の提供を開始

株式会社地熱開発がLU-VE Groupと販売代理店契約を締結

株式会社地熱開発(本社:東京都港区、代表取締役:大野 友史 、以下「地熱開発」)は、熱交換、冷却及び空調分野で世界的に高いシェアを誇るイタリアのLU-VE Group(本社:イタリア、ヴァレーゼ)と販売代理店契約を締結し、空冷式冷却塔の提供を開始いたします。

LU-VE Groupの空冷式冷却塔

 

■販売代理店契約締結の目的

地熱開発は、地熱発電プロジェクトへの投資、地域と共同での地熱発電事業の組成・運営、地熱発電プラントの設計及び運営を行っています。また、海外発電機及び各種機器の輸入及び販売を行っています。

この度のLU-VE Groupとの販売代理店契約締結は、LU-VE Groupが開発・製造する空冷式冷却塔について、地熱開発が日本国内において販売代理店として提供することができるというものです。

冷却塔には、空気で冷やす「空冷式」と水で冷やす「水冷式」の二種類があります。水冷式は冷却性能・効率の面において優れてはいるものの、レジオネラ菌の発生リスクと、水の管理に係る運用コスト負担という課題も抱えています。

他方で、従来から空冷式は冷却性能・効率において水冷式には及ばず、日本では普及が進んでいないのが現状です。しかし、今日ではLU-VE Groupの革新的技術開発を通じて、空冷式でも水冷式に近い性能、効率を発揮することができるようになりました。

現在、欧州における冷却塔の多くは空冷式が採用されております。冷却塔は地熱発電に限らず、工場排熱発電など多くの産業に活用されており、空冷式冷却塔の普及は日本の産業にインパクトがあるものと考えております。

私たち地熱開発は、性能・効率に優れかつ運用が容易で環境にも配慮されたLU-VE Groupの空冷式冷却塔を普及させることにより、日本の冷却システムを「水冷」から「空冷」に変革させることを目指しております。ひいては、グループ理念である持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

■LU-VE Groupについて

LU-VE Groupは、1986年に創立後、今では業界水準となった先駆的な技術を用いて、冷凍・空調製品を考案および製造する新しい方法の導入を行いました。同社は、革新的な技術と高い品質を保つ熱交換器分野における世界的主要メーカーとして、イタリアのヴァレーゼに本社を置き、イタリア、中国、チェコ共和国、フィンランド、インド、ポーランド、ロシア、スウェーデン、米国の9か国に製造施設を備えている他、14か国に販売会社を持つ国際企業です。

■関係者概要

(1) LU-VE Group

会社名    : LU-VE Group
本社所在地  : Via Caduti della Liberazione, 53 21040 Uboldo – Varese – Italy
ホームページ : https://www.luvegroup.com/

(2) 株式会社地熱開発

会社名    :株式会社地熱開発
代表者         :代表取締役 大野 友史
設立     :2015年3月
資本金    :47百万円
本社所在地  :〒105-0014 東京都港区芝2丁目5番10 芝公園NDビル6階
事業内容   :地熱発電プロジェクトへの投資等
ホームページ :https://www.chinetsu.com/

■本リリースに関するお問い合わせ

GPSSグループ 広報室

Email :pr@gpss.jp
TEL    :03-6435-2391

(GPSSグループは、「持続可能なエネルギーを活かし、持続可能な社会を実現する」というグループ理念のもと、サステナブルエネルギーによる発電に関する案件の開発・組成・エンジニアリングおよび投資事業を行う企業グループです。)