ESG POLICY

  • TOP
  • ESG POLICY

ESG Policy

ENVIRONMENT

1. サステナブルエネルギーによる社会の脱炭素化への貢献

私たちは、サステナブルエネルギー発電を普及させることで、気候変動の緩和と社会全体の脱炭素化に貢献します。発電による温室効果ガス排出削減量について具体的な目標値を設置し、その達成に取り組みます。

2. 地域自然環境への配慮

私たちは、サステナブルエネルギー発電所の開発及び運営が、周辺の自然環境や生態系に影響を与える可能性があることを認識し、生物多様性への影響や、排水・排気・騒音等の環境負荷を精査し、負の影響を適切に管理します。

3. エネルギー、資源の有効活用

私たちは、サステナブルエネルギー発電所の開発及び運営において消費する燃料や、水、材料等の資源の効率的な使用に努めます。同様に、発生した廃棄物については可能な限りリユース・リサイクルを図り、廃棄物排出量を削減するよう努めます。

4. 気候変動と災害に対するレジリエンスの向上

私たちは、地域の特性を理解しながら、私たちが保有する発電所への災害リスクに備え、電力レジリエンス強化に取り組みます。また、災害時の大規模停電にも対応できるマイクログリッドや、エネルギー貯蔵力強化にも取り組みます。

SOCIETY

5. 事業を通じた地域社会との協力

元来地域が保有する資源を活用し、共同事業を推進することで、地域の活性化を後押しします。自治体、行政、ビジネスパートナー、住民、コミュニティなどの地域のステークホルダーとの良好な関係を構築し、積極的な連携・協力を進めていきます。

6. ステークホルダーの健康と安全

私たちの全事業活動を通じて、事業に関連する従業員、業務委託先従業員、地域住民などのステークホルダーの基本的人権を尊重します。さらに、健康と安全を守ることを重視し、安全で快適な事業活動を推進します。

7. 従業員への取り組み

従業員がそれぞれの自分らしさや自発性を発揮することが出来るよう、研修や教育の機会を提供するとともに、ワークライフバランスを考慮した快適な職場環境を築きます。また、従業員の多様性を尊重し、差別的な言動、あらゆるハラスメント等の不当な行為を許さない誠実な企業風土を醸成します。

8. サプライヤーとの協力

私たちは、ビジネスパートナーやサプライヤーとの公正で円滑な関係の構築に努めます。また、できる限り地元企業とともにプロジェクトを推進し、地域の環境・社会に配慮したサステナブルな調達に努めます。

GOVERNANCE

9. インフラ事業者としての責任

私たちは、発電所という経済活動の基盤たるインフラに深く携わる企業としての社会的責任を負っています。安定的な電力の供給や、継続的な運営のためのリスク評価と管理、BCP を含む組織のレジリエンス強化に取組みます。

10. コンプライアンス

事業活動における法令遵守はもちろんのこと、社会規範を尊重し、公正で社会に信頼される企業を目指します。また、不公正な利益を得るための贈収賄の防止に取り組み、利益相反のない経済活動を目指します。

11. 情報開示とコミュニケーション

この方針に記載したサステナビリティに関する課題に対して、その取組み状況や実績を定期的に開示することにより、透明性を高めます。 また、ステークホルダーからの意見や要望について真摯に受け止め、双方向のコミュニ ケーションを通じて問題解決を図っていきます。

12. 個人情報とデータ保護

私たちは、従業員の個人情報、また業務に関わるすべての企業や個人から入手した業務や技術に関する情報やデータを、法令、契約や社内ルールに従って、適切に収集・利用・管理・廃棄します。さらに、サイバー攻撃に備え、技術的、物理的、人的な対策を実施し、防御レベルを高めます。

13. 内部通報者の保護

法律や社内方針違反の可能性がある事柄、または不正を告発した従業員に対し、解雇等の不当な報復行為を禁止します

14. 権限移譲

組織の構造、職務権限や責任を明確にし、その構造に沿った権限を委任することで、健全なコーポレートガバナンスに取り組んでいます。