GPSSグループでは、会社の倫理規定と行動規範を定めています。この規範は、社内のビジネスのあり方だけでなく、従業員が地域コミュニティの方々や地方自治体、お取引先、同僚、その他のステークホルダーの皆様といかに誠実に関わるべきかを示しています。

1. 地域コミュニティへの貢献

地域を支える住民の皆様、地方自治体やコミュニティとのパートナシップを築き、地元の皆様のニーズに応えられるよう努力します。

2. ビジネスパートナー

お互いが信頼し発展できるよう、ステークホルダーやビジネス上のパートナーとなる皆様と公正で透明な関係を構築します。

3. インフラ事業者としての責任

安定した電力の供給、継続的な運用のために、徹底した管理、リスクマネージメント、組織体制の強化に努めます。

4. 内部告発・公益通報者の保護

法律違反の可能性がある事柄、または不正を告発した従業員に対し、解雇等の不当な報復行為を禁止します。

5. 環境保全

環境に関する法規制を厳守し、創業の原点とも言えるサステナブルな社会の実現の為に責任ある資源の活用に取り組んでいます。さらに、持続可能なエネルギーサイクルの構築により、温室効果ガスの排出軽減へ貢献します。

6. 人権の尊重

国連で採択された世界人権宣言に基づき、個人の人権・人格を尊重し、組織の多様性を推進します。また、個々がお互いを尊重し合う誠実な職場環境を築き、精神的・肉体的・外見など、あらゆる差別やハラスメントを排除します。

7. 公正な取引

すべての取引および業務が公正に、かつ透明性を持って運営され、情報開示されることを推進します。また、贈収賄・汚職・詐欺・マネーロンダリングなどの不適切な活動を防ぐための措置を講じます。さらに、誠実であること大切にし、利益相反や先入観・偏見のない経済活動を目指します。

8. 反社会的勢力の排除

反社会的勢力および関係のある団体と、一切関係を持ちません。

9. 情報の保護と管理

個人情報やお客様・お取引先等の秘密情報に関するセキュリティを徹底し、保護することを約束します。当社の厳格なセキュリティ対策を以て、情報の適切な管理、機密データの非開示、およびデータへの不正アクセスの防止を保証します。

10. 権限の委任

組織の構造、職務権限や責任を明確にし、その構造に沿った権限を委任することにより、健全なコーポレートガバナンスに取り組んでいます。

CONTACT

お問い合わせはこちら

JA / EN
© GPSS Holdings Inc.