CAREER

スタッフインタビュー

PROFILE

プロフィール

ニックネーム:ナズルル
所属:GPSSエンジニアリング株式会社
エンジニアリング事業本部、EPCプロジェクト部門、調達グループ、調達チーム
卒業校:東京農工大学
入社日:2020年4月

Q1

GPSSに入社する前は何をしていましたか?

GPSSに入社する前は、東京農工大学に勤務していました。ガスタービンのブレード冷却システムの設計に関する研究を行っていました。また、バングラデシュの Rural Power Company Ltd(RPCL)で複合サイクル発電所に携わった経験もあります。

Q2

GPSSに入社を決めた理由を教えてください。

私は十年間、エネルギー分野で働いてきました。
当時、再生可能エネルギー分野に興味があり、GPSSは外国人社員も歓迎しているので、再生可能エネルギープラントの開発と持続可能な社会を目指し、GPSSに入社しました。

Q3

どんな仕事を担当していますか?

地熱発電所や廃熱回収発電所のEPCマネジメントに携わっています。大分県の地熱発電所と福島県の廃熱回収発電所の設置工事と試運転を担当しています。また、新しいデータセンターの冷却システムの技術責任者としても働いています。

Q4

GPSSに入社してから「魂が燃えた瞬間」を教えてください。

あるの地熱発電プロジェクトで、配管レイアウトの変更を提案し、採用されたことがあります。その結果、プラントの総出力は増加しました。経営陣が私の意見を信じて応援してくれたことが、私の魂に火をつけたのです。

Q5

未来のGPSSのメンバーに一言お願いします!

映画「フォレスト・ガンプ」の中で、「ママはいつも言っていた。人生は、ひと箱分のチョコレートみたいなものよ、何が起こるかわからないの」という有名な台詞があります。それと同じように、自分の未来も明らかに予測できないのだと言いたいのです。人生のすべての瞬間を、すべての仕事を、自分の好きなことを楽しんでください。
GPSSは、あなたのキャリアの最初の一歩を踏み出すには良い会社です。持続可能な社会とエネルギーの世界について考える機会がたくさんあります。