GPSSホールディングス株式会社 初のグリーンボンド発行について

PDFをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。
プレスリリース_GPSSホールディングス株式会社 初のグリーンボンド発行について
関係者各位
プレスリリース

 

 

 

 

 

2020年07月31日

GPSSホールディングス株式会社

 

GPSSホールディングス株式会社

初のグリーンボンド発行について

 

GPSSホールディングス株式会社 (代表取締役社長:目﨑 雅昭、以下GPSSホールディングス)は、このたび国内市場で総額引受人を三井住友信託銀行株式会社 (取締役社長:橋本 勝、以下三井住友信託銀行) とする私募形式によるコーポレート型グリーンボンド(GPSSホールディングス第1回無担保社債、以下本債券)を初めて発行しますので、ここにお知らせします。

 

グリーンボンドとは、企業などがグリーンプロジェクト(再生可能エネルギー、省エネ構築物の建設・改修、環境汚染の防止・管理など環境改善効果がある事業)に要する資金を調達するために発行する債券です。本社債により調達した資金は、GPSSホールディングスが開発中の太陽光発電設備14件の設備投資資金および開発資金等を使途予定としております。グリーンボンドとしての評価は、株式会社日本格付研究所(代表取締役社長:高木 祥吉、以下JCR)より最高ランク「Green1」の格付が付与されました。

 

本債券に対し、JCRより最高ランクの格付が付与されたこと、三井住友信託銀行による総額引受けは、今後もグリーンボンド発行等のグリーンファイナンスによる資金調達時に、その目的・選定基準・プロセスに関する情報の透明性を投資家等に確保できるものとし、資金調達の多様化を推進すると共に、GPSSホールディングスの事業活動を通じて持続可能な社会構築の実現へ向け貢献してまいります。

 

なお、本債券関する格付詳細情報は、JCRホームページに掲載の「GPSSホールディングス株式会社 第1回無担保社債GREEN 1(本評価)」を参照して下さい。

https://www.jcr.co.jp/
https://www.jcr.co.jp/greenfinance/

 

【社債概要】

社債名称 GPSSホールディングス株式会社第1回無担保社債
社債発行総額 3億円
払込期日 2020年7月31日
償還期日 3年(2023年7月31日満期)
償還方法 定時償還
総額引受け 三井住友信託銀行
取得格付 JCR グリーンボンド本評価 Green1

 

■本件に関する問い合わせ

GPSSグループ 広報室

TEL 03-6435-2391
Email pr@gpss.jp
HP https://gpssgroup.jp

Notice of First Green Bond issuance, GPSS Holdings Inc.

Click the below link to get this press release in PDF version
Notice of First Green Bond issuance, GPSS Holdings Inc.

 

 

 

 

 

July 31, 2020

GPSS Holdings Inc.

 

Notice of First Green Bond issuance,

GPSS Holdings Inc.

GPSS Holdings, Inc. (CEO: Masaaki Mezaki, hereinafter referred to as GPSS) has issued their first corporate type of Green Bond (GPSS Holdings, Inc. 1st Unsecured Bonds, hereinafter referred to as the bond).

 

The bond has been awarded the highest possible ranking “Green 1” by the Japan Credit Rating Agency, Ltd. (President: Shokichi Takagi, hereafter JCR).

 

Please refer to “GPSS Holdings Co., Ltd. Green Bond Evaluation” on the JCR website for detailed rating information regarding the bond.

https://www.jcr.co.jp/en/

https://www.jcr.co.jp/en/greenfinance/

 

■Contact information regarding this matter

GPSS Group Public Relations Office

TEL  03-6435-2391
Email  pr@gpss.jp
Website https://gpssgroup.jp/home_en/

GDI concluded a dealer agreement with LU-VE Group and began supplying Dry-coolers

Click the below link to get this press release in PDF version
GDI concluded a dealer agreement with LU-VE Group and began supplying Dry-coolers

 

Jun 24, 2020
Geothermal Development & Investment Inc.

 

GDI concluded a dealer agreement with LU-VE Group

and began supplying Dry-coolers

Geothermal Development & Investment Inc. (Head Office: Minato-ku, Tokyo; President: Tomofumi Ono; hereinafter ‘GDI’) has concluded a sales agent agreement with the Italian LU-VE Group (Head Office: Varese, Italy), which boasts a large share of the global market in the fields of heat exchanger for industrial cooling, refrigeration and air-conditioning, and will begin providing Dry-coolers.

Dry-coolers of LU-VE Group

■ Purpose of entering into the Distribution Agreement

GDI invests in geothermal power projects, creates, and operates geothermal power projects in collaboration with local communities, and designs and operates geothermal power plants. The company also imports and sells overseas generators and various equipment.

This time, we have concluded a sales agent agreement with LU-VE Group, which allows us to provide Dry-coolers developed and manufactured by LU-VE Group as sales agents in Japan for geothermal development.

There are two types of cooling systems: air-cooled and water-cooled. Although the water-cooled system has superior cooling performance and efficiency, there was a risk of the outbreak of Legionella and the burden of operating costs related to water management was an issue. At the same time, air-cooled systems have not been widely used in Japan in terms of cooling performance and efficiency and have not yet become widespread in Japan.

However, LU-VE Group's innovative technologies have enabled us to achieve the equivalent performance and efficiencies in air-cooling systems as in hybrid water-cooling systems.

At present, many cooling systems in Europe are air-cooled. They are not limited to geothermal power generation, but are used in many industries, such as industrial waste heat power generation. We believe that the widespread use of air-cooled cooling towers has an impact on the Japanese industry. GDI aims to transform Japanese cooling systems from water cooling to air cooling by promoting the use of air-cooled cooling towers with LU-VE Group that are superior in performance, efficient, easy to operate, and environmentally friendly. In addition, we will contribute to the realization of a sustainable society, which is the Group's philosophy.

■ About LU-VE Group

Since its founding in 1986, LU-VE Group has introduced new methods for devising and manufacturing refrigeration and air-conditioning products using industry-leading technologies. As one of the world's leading manufacturers of innovative technology and high-quality heat exchangers, the company is headquartered in Varese, Italy, and has manufacturing facilities in nine countries: Italy, China, the Czech Republic, Finland, India, Poland, Russia, Sweden, and the United States. It is also an international company with sales companies in fourteen countries.

■ Stakeholder Overview

(1) LU-VE Group

Company Name            : LU-VE Group
Head Office                   : Via Caduti della Liberazione, 53 21040 Uboldo - Varese - Italy
Website                         : https://www.luvegroup.com/

(2) Geothermal Development & Investment Inc.

Company Name           : Geothermal Development & Investment Inc.
Representative            : Tomofumi Ono
Established In              : March 2015
Capital                         : 47 million yen
Head Office                 :〒105-0014, 6th Floor, Shiba-Koen ND Bldg., 2-5-10 Shiba, Minato-ku, Tokyo
Businesses                  : Investments in geothermal power generation projects, etc.
Website                       : https://www.chinetsu.com/en/company.html

■ Inquiries regarding this release

GPSS Public Relations Office

Email : pr@gpss.jp
TEL    :03-6435-2391

[GPSS Group]
Based on the corporate philosophy of ‘Realizing a Sustainable Society by Utilizing Sustainable Energy,’ GPSS Group, develops, arranges, and invests in power generation projects using sustainable energy.

 

 


冷却システムの変革を目指して空冷式冷却塔の提供を開始  株式会社地熱開発がLU-VE Groupと販売代理店契約を締結

PDFをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。
プレスリリース_冷却システムの変革を目指して空冷式冷却塔の提供を開始 株式会社地熱開発がLU-VE Groupと販売代理店契約を締結

関係者各位
プレスリリース

2020年6月24日
株式会社地熱開発

冷却システムの変革を目指して空冷式冷却塔の提供を開始

株式会社地熱開発がLU-VE Groupと販売代理店契約を締結

株式会社地熱開発(本社:東京都港区、代表取締役:大野 友史 、以下「地熱開発」)は、熱交換、冷却及び空調分野で世界的に高いシェアを誇るイタリアのLU-VE Group(本社:イタリア、ヴァレーゼ)と販売代理店契約を締結し、空冷式冷却塔の提供を開始いたします。

LU-VE Groupの空冷式冷却塔

 

■販売代理店契約締結の目的

地熱開発は、地熱発電プロジェクトへの投資、地域と共同での地熱発電事業の組成・運営、地熱発電プラントの設計及び運営を行っています。また、海外発電機及び各種機器の輸入及び販売を行っています。

この度のLU-VE Groupとの販売代理店契約締結は、LU-VE Groupが開発・製造する空冷式冷却塔について、地熱開発が日本国内において販売代理店として提供することができるというものです。

冷却塔には、空気で冷やす「空冷式」と水で冷やす「水冷式」の二種類があります。水冷式は冷却性能・効率の面において優れてはいるものの、レジオネラ菌の発生リスクと、水の管理に係る運用コスト負担という課題も抱えています。

他方で、従来から空冷式は冷却性能・効率において水冷式には及ばず、日本では普及が進んでいないのが現状です。しかし、今日ではLU-VE Groupの革新的技術開発を通じて、空冷式でも水冷式に近い性能、効率を発揮することができるようになりました。

現在、欧州における冷却塔の多くは空冷式が採用されております。冷却塔は地熱発電に限らず、工場排熱発電など多くの産業に活用されており、空冷式冷却塔の普及は日本の産業にインパクトがあるものと考えております。

私たち地熱開発は、性能・効率に優れかつ運用が容易で環境にも配慮されたLU-VE Groupの空冷式冷却塔を普及させることにより、日本の冷却システムを「水冷」から「空冷」に変革させることを目指しております。ひいては、グループ理念である持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

■LU-VE Groupについて

LU-VE Groupは、1986年に創立後、今では業界水準となった先駆的な技術を用いて、冷凍・空調製品を考案および製造する新しい方法の導入を行いました。同社は、革新的な技術と高い品質を保つ熱交換器分野における世界的主要メーカーとして、イタリアのヴァレーゼに本社を置き、イタリア、中国、チェコ共和国、フィンランド、インド、ポーランド、ロシア、スウェーデン、米国の9か国に製造施設を備えている他、14か国に販売会社を持つ国際企業です。

■関係者概要

(1) LU-VE Group

会社名    : LU-VE Group
本社所在地  : Via Caduti della Liberazione, 53 21040 Uboldo - Varese - Italy
ホームページ : https://www.luvegroup.com/

(2) 株式会社地熱開発

会社名    :株式会社地熱開発
代表者         :代表取締役 大野 友史
設立     :2015年3月
資本金    :47百万円
本社所在地  :〒105-0014 東京都港区芝2丁目5番10 芝公園NDビル6階
事業内容   :地熱発電プロジェクトへの投資等
ホームページ :https://www.chinetsu.com/

■本リリースに関するお問い合わせ

GPSSグループ 広報室

Email :pr@gpss.jp
TEL    :03-6435-2391

(GPSSグループは、「持続可能なエネルギーを活かし、持続可能な社会を実現する」というグループ理念のもと、サステナブルエネルギーによる発電に関する案件の開発・組成・エンジニアリングおよび投資事業を行う企業グループです。)


報道ニュース番組「日経プラス10」に、GPSSグループ代表目﨑雅昭が出演しました

2020年5月28日(木)生放送のBSテレ東『日経プラス10』内のSDGs特集コーナーに、GPSSグループ代表の目﨑雅昭が出演いたしました。
「GPSS」の名前の由来*1や事業内容、今後の成長戦略について、インタビューにお応えしました。

*1 GPSSという名称には、持続可能エネルギーによる電力コストが既存の電力のコスト以下になる「グリッド・パリティ(Grid Parity)」を実現することによって、真に持続可能な社会(Sustainable Society)を実現していくという、私たちのビジョンと願いが込められています。

=========================================================================
放送日時:2020年5月28日(木)22:00~23:00
放送局 :BSテレ東
番組名 :日経プラス10
番組URL:https://boku-ken.com/


地熱開発、Nanjing TICA Thermal Technologyと販売代理店契約を締結、EXERGY社の中型・大型バイナリー発電機の提供を開始

PDFをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。
プレスリリース_地熱開発、Nanjing TICA Thermal Technologyと販売代理店契約を締結、EXERGY社の中型・大型バイナリー発電機の提供を開始

関係者各位
プレスリリース

2020年5月20日
株式会社地熱開発

地熱開発、Nanjing TICA Thermal Technology

販売代理店契約を締結、

EXERGY社の中型・大型バイナリー発電機の提供を開始

株式会社地熱開発(本社:東京都港区、代表取締役:大野 友史 、以下「地熱開発」)は、中国大手空調メーカーTICA GroupのNanjing TICA Thermal Technology Co., Ltd.(本社:中国南京市、代表:Jiang Li、以下「Nanjing TICA Thermal Technology」)と販売代理店契約を締結し、EXERGY International Srl(本社:イタリアのヴァレーゼ、代表:Jiang Li、以下「EXERGY社」)のバイナリー発電機(*1)の提供を開始いたします。

(写真)EXERGY社のバイナリー発電機

(*1) バイナリー発電とは、水より沸点の低い媒体 (代替フロン、シリコンオイル等)に熱交換することで、 気化した媒体でタービン等を回転させ発電する方式。 熱源系統と媒体系統の2つの熱サイクルを利用して発電することから、バイナリー発電と言われ、このサイクルをORC(オーガニック・ランキン・サイクル)と呼びます。

 

■販売代理店契約締結の背景

地熱開発は、地熱発電プロジェクトへの投資、地域と共同での地熱発電事業の組成・運営、地熱発電プラントの設計及び運営を行っています。また、海外発電機及び各種機器の輸入及び販売を行っています。

2019年9月25日、Nanjing TICA Thermal TechnologyがEXERGY社を買収したことにともない、買収以前からNanjing TICA Thermal Technologyとパートナー関係にある地熱開発がEXERGY社の発電機を取り扱うことになりました。

この度の販売代理店契約の締結により、地熱開発が日本国内において正式な販売代理店として、EXERGY社が開発・製造するバイナリー発電機(1MW-28MW)を提供することが可能となりました。

 

■販売代理店契約締結に寄せる期待

以前より地熱開発は、米国のエレクトラサームのバイナリー発電機(75kW、120kW)と、中国のNanjing TICA Thermal Technologyのバイナリー発電機(280kW)を取り扱ってまいりました。今回、イタリアのEXERGY社(1MW-28MW)が加わることにより小型、中型、大型のすべてのバイナリー発電に対応できる日本唯一の企業になります。地熱開発はこの強みを生かし、地熱や未利用熱発電の一層の普及を促進させ、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

■EXERGY社について

EXERGY社は自社の技術力と対応力を背景に、バイナリー発電機において世界第3位、総計450MW以上の設置実績を誇ります。

EXERGY社の最大の強みは、独自の多段式高効率ラジアルアウトフロータービンにあります。EXERGY社のラジアルアウトフロータービンは、2つの圧力の蒸気を一つのタービン動翼に提供する機能により、他のタービンより最大20%高い能力を誇ります。さらに、独自かつ特許を取得した機械設計によりベアリングの長寿命化に成功し、年間を通じて高い設備利用率を可能としました。これらの強みを核とし、バイナリー発電機では世界最高レベルの30%までの発電効率を実現しています。

また通常、使用する熱媒体は多くても数種類ですが、EXERGY社は熱源の温度や用途に応じて11種類の熱媒体を使用しつつ、さらに新媒体の研究を重ねています。地熱発電、工場排熱発電、バイオマス発電など多様な用途において、90℃から350℃までの温度帯に対応可能です。

 

■関係者概要

(1) EXERGY社

会社名    :EXERGY International Srl
代表者         :Jiang Li
設立     :2011年
資本金    :5,010,000.00 Euro
本社所在地  :Via Santa Rita, 21057, Olgiate Olona (VA), Italy
事業内容   :Organic Rankine Cycle(ORC)の研究開発、製造

ホームページ :http://exergy-orc.com/

(2) 株式会社地熱開発

会社名    :株式会社地熱開発
代表者         :代表取締役 大野 友史
設立     :2015年3月
資本金    :47百万円
本社所在地  :〒105-0014
東京都港区芝2丁目5番10 芝公園NDビル6階
事業内容   :地熱発電プロジェクトへの投資等
ホームページ :https://www.chinetsu.com/

(3) TICA

会社名    :Nanjing TICA Thermal Technology Co., Ltd.
代表者         :Jiang Li
設立     :2016年
資本金    :100 million USD
本社所在地  :No. 6, Hengye Road,
Economic and Technological Development Zone, Nanjing, China.
事業内容   :Organic Rankine Cycle(ORC)の研究開発、製造、
アフターサービス、投資、エネルギー管理サービス
ホームページ :http://global.ticachina.com/en/

 

■本リリースに関するお問い合わせ

GPSSグループ 広報室

Email:pr@gpss.jp
TEL :03-6435-2391

(GPSSグループは、「持続可能なエネルギーを活かし、持続可能な社会を実現する」というグループ理念のもと、サステナブルエネルギーによる発電に関する案件の開発・組成・エンジニアリングおよび投資事業を行う企業グループです。)


GDI concluded a dealer agreement with TICA Thermal and began supplying medium-and large-scale EXERGY binary generators

Click the below link to get this press release in PDF version
GDI concluded a dealer agreement with TICA Thermal and began supplying medium-and large-scale EXERGY binary generators

 

May 20, 2020
Geothermal Development & Investment Inc.

 

GDI concluded a dealer agreement with TICA Thermal

and began supplying medium-and large-scale EXERGY binary generators

Geothermal Development & Investment Inc. (Head Office: Minato-ku, Tokyo, President: Tomofumi Ono, hereinafter referred to as ‘GDI‘) has signed a distributor agreement with TICA Thermal of TICA Group, a major Chinese air-conditioning manufacturer, for medium and large ORC power system from EXERGY International Srl (hereinafter referred to as ‘EXERGY’) who was acquired by TICA Thermal on Sep 25th, 2019 and is the world-leading producer of binary generators, and will begin offering binary generators*1.

Binary generator of EXERGY

※ 1: Binary power generation is a system in which heat is exchanged to a medium with a boiling point lower than that of water (CFC substitute, silicon oil, etc.), and the turbine, etc. is rotated by a vaporized medium to generate electric power. It is said to be binary power generation because it generates power using two thermal cycles, a heat source system and a medium system, and this cycle is called ORC (Organic Rankine Cycle).

 

■ Background to the conclusion of the distributorship agreement

GDI involves investment in geothermal power generation projects, the composition and operation of geothermal power generation projects in collaboration with local communities, and the design and operation of geothermal power plants. We also import and sell overseas generators and various equipment.

Recently, the acquisition of EXERGY by TICA Thermal has resulted in the expansion of its product scope, enabling TICA Thermal to offer medium and large ORC power system from 1MW to 28MW per unit to markets.

This conclusion of a dealer contract with TICA Thermal means that GDI will be an authorized distributor in Japan for binary generators developed and manufactured by EXERGY.

 

■ What is expected by the execution of the Distribution Agreement

The binary generators handled so far by GDI were U.S. Electratherm (75kW, 120kW) and Chinese TICA (280kW). However, with the addition of EXERGY (1MW-28MW), GDI will be the only Japanese company that can handle all the binary power generation: small, medium, and large. GDI will take advantage of this strength to promote the further dissemination of geothermal and unused industrial waste heat power generation and contribute to the realization of a sustainable society.

 

■ About EXERGY

With its technological capabilities and responsiveness, EXERGY ranks third in the world-class in binary generators, with a total installed capacity of more than 470MW.

EXERGY's core strength comes from its unique, multistage, highly efficient Radial Outflow Technology (ROT), which can achieve efficiencies of up to 30%, the world's highest level for binary generators. With its unique ROT technology, EXERGY has developed 2 pressure level vapor application with single turbine disk, offering up to 20% more power than other technology. Besides, a distinctive and patented design of built-in mechanical group that is intended to maintain longer life of bearing can significantly reduce downtime of system, offering higher availability year-round.

Although a few types of refrigerants are normally used, EXERGY have used 11 different types of refrigerants in its projects, while keeping testing new fluids for future utilization. This has enabled us to accommodate temperatures ranging from 90°C to 350°C, from a variety of applications, including geothermal power generation, factory waste heat power generation, biomass power generation, and solar thermal power generation.

 

■ Stakeholder Overview

(1) EXERGY

Company Name : EXERGY International Srl
Representative  : Jiang Li
Established In   : 2011
Capital               : 5,010,000.00 Euro
Head Office       : Via Santa Rita, 21057, Olgiate Olona (VA), Italy
Businesses        : EXERGY was founded by Claudio Spadacini and in 2011 became a subsidiary of the Italian Maccaferri Industrial Group that backed its growth year on year allowing EXERGY to achieve an ORC fleet of 400 MWe worldwide in less than a decade. In 2019 EXERGY started a new course being acquired by China’s Nanjing TICA Thermal Technology Co. Ltd. With this new strategic alliance EXERGY is today able to offer the global market a vast and competitive range of clean-technologies and green power generation solutions.
Website             : http://exergy-orc.com/

(2) Geothermal Development & Investment Inc.

Company Name : Geothermal Development & Investment Inc.
Representative  : Tomofumi Ono
Established In   : March, 2015
Capital              : 47 million yen
Head Office      : 105-0014, Shibakoen ND Building 6F, 2-5-10 Shiba, Minato-ku, Tokyo
Businesses       : investment in geothermal power generation projects, etc.
Website            : https://www.chinetsu.com/en/company.html

(3) TICA

Company Name : Nanjing TICA Thermal Technology Co., Ltd.
Representative  : Jiang Li
Established In    : 2016
Capital               : 100 million USD
Head Office       : No. 6, Hengye Road, Economic and Technological Development Zone, Nanjing, China.
Businesses        : TICA Thermal, established in 2016 as a member of TICA Group, is dedicated to thermal energy utilization using Organic Rankine Cycle (ORC) technology. It focuses on ORC research & development, manufacturing, after sales service, investment, and energy management services etc.
Website             : http://global.ticachina.com/en/

 

■ Inquiries regarding this release

(1) GPSS Public Relations Office

Email : pr@gpss.jp
TEL   : 03-6435-2391

[GPSS Group]
Based on the corporate philosophy of ‘Realizing a Sustainable Society by Utilizing Sustainable Energy,’ GPSS Group, develops, arranges, and invests in power generation projects using sustainable energy.


Media Listing Information: Published in Junkan Keizai Shinbun

Our EPC*1 work has been published in the article entitled 'Completion of ORC*2 Power Plant Facility, Increasing Utilization Rate: Sanko: Incinerator Exhaust Heat' by the Circular Economy Newspaper on May 11, 2020 (Monday). The Circular Economy Newspaper is officially named Junkan Keizai Shinbun. In the Sanko's ORC Power Plant Facility, ORC generator PC280*3 was introduced by the EPC work.

“バイナリー発電所施設を完成 三光 焼却炉排熱の利用率を高めた" [Completion of Binary Power Plant Facility, Increasing Utilization Rate: Sanko: Incinerator Exhaust Heat]. Junkan Keizai 11 May. 2020: 1. Print.

▼'Completion of Binary Power Plant Facility, Increasing Utilization Rate: Sanko: Incinerator Exhaust Heat'
Click here to see the article.

 

*1 EPC is Engineering Procurement Construction. GPSS Engineering of GPSS Group is in charge of EPC work. For more information on GPSS Engineering, refer to https://gpss.jp/engineering/en/index.html
*2 ORC is Organic Rankine Cycle.
*3 PC280 is a ORC generator manufactured by major Chinese air-conditioning manufacturer, TICA. Geothermal Development & Investment Inc. of GPSS Group is the Japanese import agent. For more information on PC280 products, refer to "Technical and Product Information" on Geothermal Development & Investment Inc. website. URL: https://www.chinetsu.com/products


【メディア掲載】循環経済新聞に掲載されました

2020年5月11日発刊の循環経済新聞、「バイナリー発電所施設を完成 三光 焼却炉排熱の利用率を高めた」記事中にて、
施工会社としてGPSSエンジニアリング(株)*1と、バイナリー発電機PC280*2の輸入代理店として(株)地熱開発*3が、それぞれ取り上げられました。

『循環経済新聞』2020年5月11日発行(No.1487)第1面

▼「バイナリー発電所施設を完成 三光 焼却炉排熱の利用率を高めた」
こちらから記事にアクセスできます。

 

*1 GPSSエンジニアリング株式会社:https://gpss.jp/engineering/index.html
*2 PC280とは、中国大手空調メーカーTICAが製造するバイナリー発電機。国内では株式会社地熱開発が輸入代理店です。PC280に関する製品詳細は、株式会社地熱開発ホームページに掲載の「技術・製品情報」をご参照ください。URL:https://www.chinetsu.com/products/
*3 株式会社地熱開発:https://www.chinetsu.com/


【メディア掲載】日刊工業新聞に掲載されました

2020年5月5日発行の日刊工業新聞、「金融と社会課題解決、同時実現 SDGs・ESGが加速」という記事の中で、
当社とJA三井リースの業務資本提携について掲載されました。

『日刊工業新聞』2020年5月5日発行 第11面

▼金融と社会課題解決、同時実現 SDGs・ESGが加速
こちらから記事にアクセスできます。